エンタメ開運ナビゲーター

楠木 あさ美

KUSUNOKI ASAMI

エンタメ開運ナビゲーター
楠木 あさ美
KUSUNOKI ASAMI

あなたの人生を最高のハッピーエンドに導く「開運シナリオライター」

1971年3月3日生れ。千葉県佐倉市出身。
東洋大学文学部国文学科卒業後、ベンチャー企業の社長秘書・事務・営業・広報、アートギャラリー、大学職員、学校給食の調理員など、さまざまな職業・職務を経験。

05年より女性向けコンシューマーゲーム(通称:乙女ゲー)のシナリオライターとして二足のわらじを履きつつ活動を続ける。

07年より風水心理学の師・谷口令氏に師事。開運方位の効果で就活・婚活・妊活・離活に成功。開運と成功の法則を実感する。

16年より風水・九星気学・家相・手相・レイキ・タロット・引き寄せ等をベースに、とことん自己開示し潜在意識の限界を外すことで望んだ以上の人生を実現する「楠木式・ビバ開運メソッド」を提唱。

17年より都内・千葉各地で開運お茶会、ランチ会、開運朝活、独身交流階、マルシェ等、開運イベントを通算200回以上開催。ほぼ毎回満員御礼、のべ5000人以上を開運街道へナビゲートし続けている。

財)風水心理カウンセリング協会 本講特別講師
日本仲人協会認定 仲人士(開運仲人)
日本レイキヒーリング協会認定 レイキマスター
小学生の娘を持つシングルマザーとして、子育て奮闘中。

【実績】
●19年 日テレ北川景子主演『家売るオンナの逆襲』第6話風水監修
●19年 JR佐倉駅南口ベーカリー・エムクッペ様『開運パン』監修
●18年 さいたまハウジングパーク住宅展示場内、スウェーデンハウス様にてインテリア風水セミナー&個別相談
●18年秋『癒やしフェアin名古屋』公式アメブロ、メルマガ・パンフレット等の執筆担当
●スピリチュアルサイト「TRINITY」ライター
●感度高め女子のサイト「ウラスピナビ」ライター
●千葉商工会議所主催「千葉まちゼミ」開運手相講座
●JTB提携総合代理店むらやまツーリストビュロー様「ハワイ超開運ツアー」「明治神宮参拝と令和の演歌祭り鑑賞バスツアー」ほか

KUSUNOKI ASAMI

楠木 あさ美という生き方

Online Video
楠木 あさ美 HISTORY
【アメージング・ヲタク女子】
田舎には必ず1つあった”よろず屋”(食料品からお酒、生活雑貨まで扱う個人商店)の長女として生まれる。工業高校出身・夜学で理系大学を卒業した高校教師(化学)の父、実家の看板娘として蝶よ花よと育ち、文化的なことが好きな天真爛漫な母。科学的根拠・エビデンスが取れないものは信じない父と、目に見えない世界を素直に信じる母のハイブリッドとして生まれる。
子供の頃から目に見えないもの・現実か非現実か、過去か未来か異次元か理解できない存在・ビジョン・音・メッセージが自動再生、時間軸がパラレルで存在する感覚を持つ。
寝て見る夢では幽体離脱して宇宙と交信し、起きている状態でも魂が肉体から抜け出て異次元と交信・行き来しながら成長した結果、リアルでの人との距離感が保てず、スピリチュアル・漫画・アニメ好きなオタク女子として成長。オタク気質が昂じて占いの内容よりも、占い師のおばちゃんが見ている暦やタロットに興味がうつり「あれが読めるようになれば私も占いができるようになるはず」と『ムー』『マイ・バースデー』他、スピリチュアル占術本を読みまくる。

【実家の立て替えで家族に不幸の連鎖】
大学受験・18才の時、実家の立て替えをきっかけに家族に次々と不幸の連鎖が。祖父の死、兄弟のいじめ、不登校、引きこもり、自分自身も精神的に苦しみ、毎晩、天に向かって「ここから出たい」「どこか遠くへ行きたい」と念じ続ける。

【ありえない引き寄せ・その1】
東洋大学文学部国文学科に入学し、万葉集や古事記などを研究する「上代文学研究会」に所属するかたわら、演劇サークルで学生生活を謳歌していた20才の誕生日、近所の英会話学校の先生からの紹介で、地球の裏側・ニューヨークにある国連職員宅で1年間、ベビーシッターしないかと白羽の矢が。「めったにないことだから」と母に背中を押され渡米すると、住まいはマンハッタンのど真ん中、国連本部にほど近いタワーマンション!三食小遣いつきの住込み、週末は郊外のセカンドハウスに連れて行ってくれるという破格の好待遇にもかかわらず、初めての海外生活・英語できない・精神的な孤立状態で極度のホームシックに。

【貧乏神?からの伝言】
毎晩泣いていると、夢枕に貧乏神?のような、やぎヒゲで貧しい身なりの男性が現れ「私は君を守護している者だが、不幸には2種類あって、自業自得で不幸になる人と、魂の修行のために経験させられる人がいる、君は後者で、誰にでもこういった経験をさせている訳ではない。しばらくしたら楽しいことが起こるから待っておいで」と諭され、消える。数日後、同じマンションで日本人家族と知り合い、隣にあるインターナショナルスクールで大人向けの夜間の英語クラスがあることを知り、申込をする。

【国文科なのに英語ベラベラに!】
英語学校に参加すると、コロンビア、アフガニスタン、ロシア、ベトナム、中国などの様々な国籍、しかも科学者や医師など、キャリアと夢を持ちアメリカに移住してきた人達ばかり。ホームシックからも立ち直り、友人もでき、一気に毎日が楽しくなる。英語も3ヶ月ごとに耳が慣れ、6ヶ月目にはネイティブ速度で中学英語レベルまで話せるようになり、9ヶ月目に自分が英語で話している夢を見る。帰国前には3週間、ヨーロッパ諸国を単身バックパック旅できるまでになった。

【二度目の挫折】
しかし海外生活で価値観が大逆転。「自分は何でもできる」という自信過剰状態から、元通りの日常へ逆戻り。何もかもが色あせてしまい不登校に。劇団生活にのめりこみ、大学も3年留年し、結果7年も大学に在籍することに。退学して再び渡米する!と思いつめ、大学に相談したところ「東洋大は8年までいられますよ。がんばって卒業しましょう」のひと言で、最後の1年でラーメン屋、求人情報誌の早朝配達、青山子どもの城と、アルバイトを3本掛け持ちしてお金を貯めて卒業。子どもの城では海外事業部に所属、外国人女性が主催するパフォーミングアーツ講座のアシスタントを経験。子どもたちと一緒に着ぐるみを着て青山円形劇場の舞台に立つ。

【ありえない引き寄せ・その2】
子どもの城時代のご縁で、元フジテレビ女性アナが起業したベンチャー企業の社長秘書に採用され、起業創業の醍醐味とダイナミックさ、マスコミ取材の裏側を垣間見る。事務・営業・広報と、出来ることはどんどん任され実践することで、10年でさまざまな職務・スキルを獲得。また、当時は楽天や青山フラワーマーケットなど、大手に成長した企業の黎明期。きら星のごとき才能とアイデアでビジネスが急成長・あるいは消滅していく、ベンチャースピリッツを目の当たりにし、おおいに刺激と影響を受ける。道を歩けば芸能人・文化人を見かける表参道。地下鉄に乗っていたら目の前のドアから北野武監督が乗ってきたことも。
知人と訪れたアリゾナ州セドナ、エアポート・メサでネイティブアメリカンの祖霊の声に導かれ、セドナの街で自分の魂が求める未来像を垣間見る。

【ありえない引き寄せ・その3】
10年間のベンチャー社員時代、社会人演劇、コントユニット活動を続けるが、脚本家になる夢を諦めきれずにいると、劇団の同期から女性向けゲーム(乙女ゲー)のシナリオライターの仕事依頼が舞い込む。当時のゲーム業界は景気が良く、何本も仕事を引き受け執筆するうち、給与の収入に並び、やがて超えはじめる。

【オンナの幸せを追って再びどん底に】
オンでもオフでもひたすら仕事をしているうち、気が付けばアラフォーに。適齢期なのに結婚したい相手とは様々なトラブルが起きて結婚できず、転職した会社は詐欺師・虚業ばかりで倒産。定期的にシナリオの仕事をもらっていたゲーム会社も倒産し、人生の目処がいっこうに立たず、ふたたび人生どん底の時期に突入する。

【ありえない引き寄せ・その4】
女性の幸せを求め必死でもがくなか、世の中は風水ブームが到来。「どうしたら幸せになれるんだろう」鬱々とした気持ちを抱え自由が丘を歩いていると、風水心理学の師・谷口令氏の事務所が目に入り「やっぱ風水なんだ」と直感。カウンセリングを受けると「大丈夫!この時期に引越したことで、あなたは向こう60年間、運気が上がりっぱなし!」と想像をはるかに超える言葉で背中を押され、一気に心が軽く明るくなる。すぐにプロコースに申し込み、1年半かけて風水、心理学、九星気学、姓名判断、易断と学ぶかたわら、毎月どこかに開運方位旅行に行き続けると、人生がさらに開花。18才~これまでずっと疑問に感じていた幸・不幸の因果関係と開運の法則、風水心理学で解決する方法など、開運への道を模索し始める。

【虹のふもとにたどり着く】
ゲームの仕事も自身の企画が人気CDドラマシリーズとなり、ゲーム化され、某執事が主人公の人気漫画作品のゲーム化ではイギリスにロケハンに行くなど、新規の仕事が続々舞い込み、収入も大幅アップ。さらに転職にも成功、母校である東洋大学の広報課に派遣採用される。09年・第85回箱根駅伝では劇的な初優勝の現場に立ち会い、大勢の人の運命が一気に開けていくのを目の当たりにし、開運の凄さを知る。

【強い光の先にあった深い闇】
開運方位の効果で何もかもがうまくいく!と勢いづいき、次は開運方位を使って婚活を始め、39才で結婚、41才で出産。しかし結婚後すぐに始まった夫婦不仲が妊娠・出産後に熾烈を極め、4年目に突入したある日、脳内で「ぷっつん。」と音がし、パニック障害を発症。子どもを抱え実家に戻り、3ヶ月間、半死半生の状態に。脳内の壁が完全に崩壊し、精神的にも肉体的にも打ちのめされ、未来が見いだせない、超絶お先真っ暗MAX状態へ。

【あかるい光がさす方へ】
その後、行政の女性相談室や弁護士の無料相談を受けながら、自力で離婚調停を立てる。離婚成立後、ふたたび風水心理カウンセラーとして復帰。本部特別講師に任命される。また異業種交流会に所属し、毎週ビジネス仲間に自分の経験をシェアしていくことで、「リアルに会い、とことん自己開示し、話せば話すほど心が軽く明るくなり、辛い経験もネタ化され、何事もなかったように笑って話せるようになる」ことを経験。「自分が心から楽しいと思うことしかしないこと、二度と自分の魂に背かない」ことを肝に銘じ、子どもの未来もふくめ、人生を改めて見つめ直し、心から幸せになること・経済的にも豊かになり明るい未来を生きる決意を新たにする。

【「ありえない引き寄せ」ふたたび】
パニック障害のリハビリ中から、LA在住ライフコーチのゲイリー・クイン氏にハリウッド式の引き寄せの極意とスピリチュアルライフコーチングを、ヒーラーのあまね理樺氏からボイジャータロットを学び、手相鑑定士ソムタム氏から手相とレイキを学び、学ぶ度にスピリチュアル能力が開花していき、ふたたび次々と「ありえない」引き寄せが始まる。

【天上のホットチョコレート】
15年、NY時代にホームステイした家族からスイス・ジュネーヴに招待を受け、子連れでスイスへ。ジュネーブは中世に宗教革命が起こったほどのパワースポット。レマン湖に立ち上る巨大な噴水(ジェットー)を見て人生が大逆転していく未来を予感。数日後、対岸の仏領・モンブランに登り、雄大な景色に大号泣。結婚生活で経験した地獄のような苦しみや鬱積していた心の澱が、空気圧と最も宇宙に近い天からのエネルギーで、憑きものが落ちたようにスッキリする。モンブランの頂上・4000メートルの展望台にはフランス産・神様と一緒に飲める、超絶美味なホットチョコレートとフレンチフライが待っている。人生の真理を知る。

【神様から「ドラフト1位指名」】
その後、沖縄のパワスポ「七滝」で滝壺から身体の中に白い球が入り、同時に芳しい花の香りを嗅ぐというリアルな神秘体験をする。さらに、静岡県伊東市・ハトヤホテル本館で守護霊と名乗る黒髪の女性呪縛師が夢枕に立ち、自分にかけられた全ての呪い(透明な水槽に入った日本人形に似た女性の生首から真っ黒なイバラのツタが伸び、全身ぐるぐる巻きにされていた)を人型に写し解いてもらった後、巨大な金龍と青龍が出現し、守護されていることを伝えられ、人を救い生きる智恵とメッセージを受信できる回路(チャネル)を授けられる。
さらに、平成から令和に時代が変わった19年5月、主催した『ハワイ超開運ツアー』では明治期にハワイに移住した日本人祖霊の意識の集合体にアクセス。「またおいで」「何度でも何度でも呼ぶからね」と応援の声をキャッチし、洋上で号泣。さらに同年、レイキマスターになった後、伊東市サンハトヤで、大日本帝国海軍の御霊から「全身全霊をかけて日の本を護ると誓うかーーー!」と激励を受ける。(有無を言わさず「ち、誓います!」と答えた)その後『日月神事』で有名な麻賀多神社本宮に毎月開運パンを奉納する縁をいただくなど、神様・ご先祖様世界とのご縁が深まっている。

【『ビバ開運!』で日本を明るく元気に】
銀座、都内、千葉県内で次々と鑑定イベントを開催。4年間でのべ5000人を鑑定。
19年にはTVドラマ『家売るオンナの逆襲』風水監修の仕事が舞い込む。
『しゃべって笑ってビバ開運!』をキャッチフレーズに、都内・千葉を中心に地域活性化のための開運イベントをや朝活を開催。
地元佐倉市のベーカリーとコラボした『開運パン』の監修、旅行代理店とコラボ『開運神社参拝&演歌ツアー』など、精力的に活動を展開。現在に至る。
【理念・テーマ】
笑って話してビバ開運!日本を明るく元気に
人の心を明るく元気にする『開運』を軸に、絆・笑顔・対話を取り戻し、地域経済の活性化を目指します。

【出演・実績】
17年~店舗型保険代理店「街の保険屋さん」佐倉店・八街店にて開運手相鑑定
18年 さいたまハウジングパーク(住宅展示場)内、スウェーデンハウス様にてインテリア風水セミナー&個別相談
19年~千葉まちゼミにて「開運手相講座」
『家売るオンナの逆襲』第6話風水監修
JR佐倉駅前のベーカリー・エムクッペ様「開運パン」の監修

その他:
・銀座にて毎月開催「キラキラ開運お茶会」
・地域活性化の朝活「佐倉開運カフェ」
・JTB旅行代理店にて毎月「開運旅行なんでも相談室」
ほか、各地の開運イベントは毎回満員御礼キャンセル待ち
・開運仲人:日本仲人協会所属の仲人士
KUSUNOKI ASAMI SNS